出会い系サイトを利用するうえで注意しなければいけないことはたくさんあります。

このサイトでも紹介していますが、出会い系で出会えない人が利用しているサクラを置いて運営しているサイトやそもそも出会いの仕組みがないといった悪質なサイトについては特に注意が必要です。

悪質なサイトは見た目だけでは判断しづらい部分があり、実際にサイト利用し始めて気付くことも多いのですが、悪質なサイトに気付いた時点で上手く対応することで大きな被害は回避できます。

出会い系サイトは危険?

出会い系サイトに対する社会的なイメージは決して良いものではありません。
それは、援助交際や買春といった未成年者が絡んだ犯罪やサクラによる詐欺行為などがいまだに後を絶たないからです。

出会い系の場合、サービスの性質上どうしても悪い面だけが露呈してしまいますので、危険なイメージが先行するのは仕方がないことです。

しかし、今はネット社会。
パソコンやスマホを使って簡単に異性との出会いを見つけられるようになった今日において、出会い系サイトは真剣に出会いを求める利用者にとっては大変画期的なサービスであることに違いはありません。

大切なのは、悪質なサイトを利用しないこと。
そして、法に触れるような使い方をしないことです。

出会い系サイトが危険なものになるかどうかは、サイトの選び方や利用する人のモラルにかかっているのです。

出会い系サイトで注意すること

出会い系サイトを利用するうえで注意することは大きく二つあります。

ひとつは悪質なサイトに対する注意。
そして、もうひとつが悪質な利用者への注意です。

出会い系で注意するのは悪質なサイトだけではありません。
たとえ優良なサイトでも、悪意を持った利用者がいればそれがトラブルの要因となるのです。

次に、出会い系サイトで注意する具体的な例をいくつか挙げてみましょう。

悪質なサイト

ここでは、悪質なサイトによくみられる事例を挙げてみます。

サクラ

出会い系サイトのサクラは、サイト側の人間が会員に成りすましてメールのやり取りを通じて故意に有料のコンテンツへ誘導したり、課金させることを目的としています。
メールを使ったサクラ行為は出会い系に限ったことではありませんが、出会いの相手に成りすますという点では、真剣に出会いを求める人たちの心情を逆手に取った悪質極まりない行為と言えます。

ひと昔前に流行ったサクラの手口は機械的に定型化されたメールを送り付けてくるもので、やり取りの内容の不自然さから見破るのが容易でしたが、最近では多くのアルバイトを雇い直接人間がメールしてくるので、昔ほど簡単には見破ることができません。
サクラの手口も時代とともに巧妙化しているのでサクラと気付くまでに時間がかかることもあり、被害の規模も拡大している傾向にあります。

驚きは、サクラとして雇われるアルバイトの多さです。
報道番組でも多くのアルバイトがマンションの一室に集まり、パソコンやスマホを手にメッセージのやり取りを行うシーンが映し出されていました。
これだけ多くのアルバイトを雇えるとなると、いかにサクラビジネスが儲かるのかがうかがい知れますし、いかに多くの人たちがサクラに騙されているのかがわかります。

サクラは、誘導することや課金させることが目的なので実際に会うことはありません。
また、男性会員とのやり取りを男性のサクラが行っている場合もありますので、サクラと分かっていても会えることはないでしょう。
しかし、そう考えればサクラらしき存在が浮かび上がってきます。

そう、サクラには絶対に会えないのです。

出会い系サイトにはメル友希望というメンバーもたくさんいますが、多くの人たちはリアルな出会いを求めています。
そんな中で、メールでのやり取りはやたらと盛り上がるけど出会いには消極的であったりデートに誘うと話題を変えられたりと、かたくなに出会いを拒む相手がいます。
最悪の場合、出会いの約束までしておいてドタキャンしたり、待ち合わせの場所まで行ってすっぽかされるということもあります。
そのようなお相手には、会えない理由(サクラだから)があるのかもしれません。
即座にやり取りを注視して他のお相手を探しましょう。

よく考えてみてください。
出会いを求める人たちが集まる出会い系サイトで、メールでは意気投合しているのにリアルな出会いは拒まれる・・・。
そんなお相手は、サクラじゃなくても時間の無駄です。

クリック詐欺

クリック詐欺とは、サイト内の広告や勧誘メールに記載されているリンクをクリックすることで、突然「登録完了」や「振込案内」などの画面に変わり、料金を請求されるというものです。
1回のクリックでこのような画面が表示される場合は「ワンクリック詐欺」と言い、2回目のクリックで表示される場合は「ツークリック詐欺」と言われています。

ワンクリック詐欺やツークリック詐欺はアダルトサイトや出会い系サイトに多く見られ、人には言えない後ろめたさと勝手に登録された驚きで動揺してしまい、やむなく料金を支払ってしまうケースも少なくないようです。

ワンクリック詐欺やツークリック詐欺の対処法は無視することです。

料金の案内や有料のコンテンツであることの表記なしでいきなり料金を請求することは違法ですので、料金を支払う必要はありません。
ただ、わざと小さな文字で見にくい場所に記載されている場合もありますので注意が必要です。

私も何度かワンクリックのリンクを押してしまい不当な請求を受けたことがありますが、無視をしていても何ら問題は起きていません。
ただ、一度だけ請求の画面が何度も繰り返し表示されるという状態に陥ったことがあり、その時だけはシステムの復元などの手間を取らされたことがあります。

架空請求

架空請求は、まさにワンクリック詐欺やツークリック詐欺のように、契約もしていないのにあたかも契約したかのように見せかけて料金をだまし取ることですが、クリック詐欺以外でも架空請求に対する注意は必要です。
例えば、料金が後払いになっているサイト・・・。

無料のサイトや料金が前払い制のサイトではあまり心配はいりませんが、悪質なポイント制のサイトで料金が後払いになっているところは、使ってもいないのに多額のポイント料を請求されるといった事例もあります。

架空請求に対しても本当に身に覚えがないのであれば無視しても構わないと思いますが、あまりにもしつこく請求してくる場合は消費者センターなどへ相談しましょう。
架空請求に対して直接サイト側に問合せをするということは、メールアドレスや電話番号などの個人情報の流出につながる可能性があるので注意が必要です。

個人情報の収集

個人情報を収集する目的だけに作られたサイトと言うのはそもそも出会いの仕組みがないサイトと言うことで紹介しているので、そちらを参考にしてください。

悪質な利用者

クチコミやランキングサイトで高く評価されている優良な出会い系サイトであっても、利用者自体が悪意を持って登録している場合もあります。
サイトによっては、悪質な利用者を見つけては排除するなどの措置をとっていますが、サイト側が排除できていない悪質な利用者については自己判断で対処することになりますので、まずはどのような事例があるのかを見ていきましょう。

業者

業者は他のサイトへ誘導する目的で潜り込んでいる外部からの侵入者です。
こちらはサイト側の人間ではないのでサクラとは違います。

業者は無料のサイトに多いとされており、機能面やサービス面の物足りなさを理由に他の有料のサイトへ誘導しますが、誘導されたサイトに課金したとたんに連絡が取れなくなるというのが通例のようです。
また、そんなサイトに限って高額な利用料を必要とするサイトが多く、悪質なサイトである可能性が高いようです。

でも、考えてみれば出会いを目的としたサイトですから、出会いが実現するならどのサイトでもいいはず・・・。
相手が本当に出会う気があれば他のサイトへ誘導することはないでしょう。
そもそも、他のサイトへ誘導するくらいだったら、初めからそのサイトへ登録しとけってことですよ。

美人局

出会い系では美人局によるトラブルにも注意が必要です。

出会い系での美人局は、サイトで知り合った女性と実際に会った時や会った後に、その女性の彼氏や関係者と名乗る男性から脅迫を受け、金品を巻き上げられるというものです。
脅迫の内容は、「人の女に手を出しやがって・・・」というものや「出会い系サイトを利用したことをバラすぞ・・・」といったもので、既婚者や地位のある人にとっては「お金で解決するなら・・・」と思えるような内容です。
厄介なのは、脅迫が1度だけではないこと。
1度お金を払ってしまうと2度・3度と同じ内容で脅迫してきます。

美人局を回避する特効薬はありませんが、美人局が恐喝に持ちこむためには出会い系で知り合った相手と実際に会うという既成事実が必要となるので、会うことに対して大変意欲的です。
ですから、女性の方からリアルな出会いに対して積極的な場合はサクラの可能性を含めて注意が必要です。

まとめ

出会い系サイトを安全に使うためには、悪質なサイトを利用しないこと。
そして、悪質な利用者は相手にしないことが求められます。

とは言え、言葉や文章にすることは簡単なことですが、いざ実践となると難しいものです。

大切なのは、悪質なサイトを利用しないことや悪質な利用者に騙されないことではなく、悪質なサイトであることに早く気付くこと、そして怪しいと思う相手とは早く縁を切ることです。
利用する前から出会い系サイトの危険性に対して尻込みするのではなく、利用する中で危険を察知して素早く対応することで被害は食い止められます。

ここに書いた内容は、既に出会い系サイトを利用している人なら誰もが知っているようなことですが、それでも被害に遭っている人が多いというのが現状です。

出会い系サイトの利用にはリスクが伴いますが、出会い系サイトの性質や危険性を事前に知っておけばそのリスクを十分に回避できるのです。